聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

形成外科

診療科の紹介(特色)

形成外科とは、生まれつきのものや病気·外傷により生じた身体表面の様々な変形を、主に手術によって機能及び形態を改善させる科です。実際の診療では、顔の切り傷·やけど·顔の骨折などの外傷一般、傷跡を目立たなくさせる修正術、体表の腫瘍摘出、潰瘍·耳や指の先天異常などを対象としています。
 当科では皮膚·皮下腫瘍の治療が多くを占めている他、眼瞼下垂、顔面骨骨折の手術も日常的に行っています。
 聖マリアンナ医科大学形成外科では、わが国で初めて自家培養表皮移植術を行い、以来長年にわたり培養表皮移植に取り組んできた歴史をもっています。現在のところ健康保険で培養表皮移植が認められているのは重症熱傷だけですが、当科では保険外治療として傷痕や刺青の治療に用いて一定の成果をあげています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ