聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

産婦人科

診療科の紹介(特色)

外来は地域中核病院として、産婦人科全般の診療を行っています。入院は神奈川県の指定する地域周産期母子医療センターを兼ねており、産科・婦人科併せてベッド数は約50床です。NICU(Neonatal Intensive Care Unit)と協力して横浜市内外をはじめ、県外をも含めた周産期救急や各種ハイリスク妊娠の対応を行っています。

妊娠・分娩

出産は、原則として自然分娩を行っています。必要が生じた場合には医学的な処置を行っています。出生直後はカンガルーケア、完全母児同室、母乳栄養の推進などを通じて、新しい家族の物語のよりよきスタートをお手伝いしております。また、所定のクラスを受講され、十分ご理解を深められた夫の立ち会い分娩は24時間いつでも可能です。
合併症をお持ちの方は、総合病院の特色を生かして内科・外科など他科と連携して診療を行っています。胎児疾患については、必要があれば治療を行っています。


患者さまへ

・土曜日は、妊婦健診は行っておりません。
 平日にご来院されるよう、よろしくお願い申し上げます。

クリニックの先生へ

・当院では、現在、分娩数の制限などは行っておりません。
 当院で出産を考えている患者さまは胎児心拍が
 確認されてからご紹介ください。
・当院には神経精神科の病棟がないため、専門病棟の入院が必要な
 可能性のある神経精神疾患合併の方は、
 初診時より他院へご紹介しております。

不妊症・更年期

不妊症の診療は週3回の専門外来を行っています。比較的軽症の方に対応しており、体外受精、顕微受精などの治療をご希望の方は、川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院などをご紹介しています。
内分泌異常、更年期障害などのホルモン異常に関する一般的診療も可能です。

良性腫瘍

子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性腫瘍は、侵襲の小さな治療を目標としています。良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術はもとより、子宮筋腫も専門外来(子宮鏡外来:予約制)などで可能と判断した場合には、腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術などを行っており、従来の開腹による手術も併せて最適の治療法の選択を行っています。

悪性腫瘍

各種婦人科悪性腫瘍のフォローアップならびに子宮頚部異形成・上皮内癌など初期病変の診断を兼ねたコルポ・腫瘍外来(予約制)を行っています。子宮頚部初期病変に関しては適応により、入院によるレーザー円錐切除術を行います。その他の婦人科悪性腫瘍に対しては、専門の病院(川崎市の聖マリアンナ医科大学病院、神奈川県立がんセンター病院など)をご紹介する場合があります。

子宮脱について

子宮脱に関してはペッサリーを用いた保存的治療法、または手術で対応しています。当院では侵襲の高い手術方法を採用しており、後期高齢者や合併症のある方には積極的に手術療法を進めていないため、侵襲の少ない最新の手術式をご希望の方は、専門施設に紹介いたします。

スタッフ紹介

スタッフ紹介は聖マリアンナ医科大学のスタッフ紹介をご覧ください。


取り扱い症例(症例数・治療成績)

年間の分娩数は約500件あり、帝王切開率は30%です。
当院で分娩される方の半数以上は何らかの合併症やリスクをお持ちです。低出生体重児の分娩は毎年100件以上あり、1,000グラム未満の超低出生体重児の分娩も30件以上あります。従来ハイリスク妊娠の方は症状が悪化してからの救急車による母体搬送が多い状態でしたが、最近では早めに外来へご紹介いただくことが多くなっています。
婦人科疾患に対する手術は、開腹手術が約100件、内視鏡手術が約80件です。

もっと詳しい内容は、下記の「周産期センター」をご覧ください。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ