聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

眼科

診療科の紹介 (特色)

1.眼科一般:眼科一般疾患に対し、午前中に診療を行っています。
2.外来手術:レーザー治療、外眼部疾患の手術を行っています。
(月~金曜日午後)
3.検査:主として、緑内障患者の視野検査等を行っています。
(月~金曜日午後)
4.斜視・弱視:専門外来として、午後の時間帯で検査・治療を行っています。
(月~金曜日午後)
5.NCU:当院周産期センターと連携で未熟児網膜症の検査・治療を行っています。
(火・金曜日午後)
6.ロービジョン:重度視覚障害の患者さまに対し、補助用具の紹介等を行っています。
(火・金曜日午後)

地域中核病院として他医療施設との連携により、緊急疾患にも積極的に対応しております。さらに、より専門的治療を要する患者さまについては聖マリアンナ医科大学病院(川崎市多摩区)や他施設への紹介を行っています。セカンドオピニオンについて専門外来はありませんが、再診予約で患者さまのお話を十分お聞きできるよう工夫しています。

スタッフ紹介

スタッフ紹介は聖マリアンナ医科大学のスタッフ紹介をご覧ください。

取り扱い症例 (症例数・治療成績)

外来

1日平均患者数 約120人

手術

白内障手術 約600件/年
(ご希望により日帰り手術にも対応しています。)
網膜・硝子体手術 約150件/年

※角膜屈折矯正手術(LASIK 等)およびPDTは行っておりません。

医療設備

当科では白内障手術装置(Infiniti Ozillp; Alcon)、硝子体手術装置(Accurus 23G,25G+; Alcon, DORC27G )、眼科手術用顕微鏡(Zeiss)、マルチカラーレーザー光凝固装置(LUMENIS)、アルゴンレーザー光凝固装置(LUMENIS)、冷凍凝固装置、光干渉断層計(NIDEK)、超音波診断装置(NIDEK)、自動視野計(Octopus)、ゴールドマン視野計、角膜トポグラフィー、IOL マスター(Zeiss)、オートレフラクトメーター、ERG、その他の設備を保有し、検査、治療を行っています。

施設認定

日本眼科学会専門医研修施設

その他

1.加齢黄斑変性症に対するルセンティス®、アイリーア®硝子体注射を行っています。
2.眼瞼けいれん(攣縮)、片側顔面けいれんについてはボツリヌス毒素(ボトックス®)
  局注治療を行っています。
3.涙液分泌不全症に対するキープティア® 治療を行っています。

外来受診について

受付

月~土(土曜日は第2・4・5のみ)の8:30~11:00
「初診紹介予約制」を行っております。地域医療機関(かかりつけ医)から「紹介状」を受取られてから、地域医療連携係へ電話で予約をお取り下さい。
(受付時間:9:00~16:00、土曜日9:00~11:30 休診日を除きます)

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ