聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

麻酔科

診療科の紹介(特色)

麻酔科では、患者さまが安全かつ快適に手術をお受けいただけるよう、手術時のみならず術前から術後にわたる幅広い麻酔管理を行っています。ただし局所浸潤麻酔(手術部位に局所麻酔薬を注射して行う麻酔)、局所表面麻酔(局所麻酔薬の点眼などで行う麻酔)、上肢の神経ブロックによる伝達麻酔(腕の付け根などに局所麻酔薬を注射して腕全体を麻酔する麻酔)は各手術担当科が行っています。

あらゆる疾患に対応

当院は横浜市西部地区の中核病院として対応するため、ほぼ全外科系診療科(一部内科系も含む)にわたって手術が施行されています。そのため、手術は体のあらゆる部分に施行されます。麻酔科は、頭の先から足の先まで、あらゆる部位のあらゆる疾患をお持ちの患者さまの手術時に、安全かつ最良の麻酔を実践しています。

すべての年代に対応

生まれた直後の新生児から100歳前後の超高齢者まで、それぞれの患者さまに最も適した麻酔を提供しています。

緊急手術への迅速な対応

救命救急センター、周産期センター併設のため、一刻を争う救急患者も多く、それらの患者さまへの夜間・休日を問わない迅速な対応、安全な手術・麻酔が行えるシステムを確立しています。

ひとりの手術患者に、一人の麻酔科医

ひとりの患者さまの手術を、必ず一人の麻酔科医が担当し、術前から術後まで、手術中は最初から最後まで、責任を持って管理いたします。

術前から術後まで、きめ細かい医療を提供

担当の麻酔科医は、前日までに患者さまのお話を伺い診察します。診察時には麻酔方法や起こるかもしれない合併症などを説明し、患者さまの麻酔に対する疑問やご質問にお答えしますこの手術前の診察をもとにそれぞれの患者さまに最も適した麻酔方法を選択し、手術中に起こりうる状態変化に速やかに対応できる準備を整えて麻酔を行っています。手術後も患者さまを訪問し、術後合併症の発生の予防、合併症発生時には早期発見早期治療ができるように、手術室の外でもきめ細かい医療の提供を実践しています。
※尚、当院は日本麻酔科学会より「麻酔指導病院」の認定を受けています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ