聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

リハビリテーション部

部門の紹介(特色)

リハビリテーション部の基礎理念

「病気を診るのではなく、病気になった人間をみる」
我々は、いかに高価な器具や設備があってそれを巧みに使っても、リハビリテーションとは言えないと考えています。患者さまを勇気づけ、患者さまのよくなろうとする意欲を引き出すのがリハビリテーションの第一歩であり、それができるのは人の心であると考えています。我々は常に、患者さまの声に耳を傾け、患者さまの力を最大限に高められるように努力しています。

スタッフ紹介

スタッフ

【部長】:笹 益雄
理学療法士・・・・常勤10名、非常勤3名
作業療法士・・・・常勤5名
言語聴覚士・・・・常勤3名

スタッフ紹介は聖マリアンナ医科大学のスタッフ紹介をご覧ください。


構成図

kouse

当院のリハビリテーション施設基準

・脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
・運動器リハビリテーション料(I)
・呼吸器リハビリテーション料(I)
・心大血管疾患リハビリテーション料(I)

部門紹介

リハビリテーション部には理学療法部門、作業療法部門、言語聴覚療法部門があります。

1.理学療法(Physical Therapy:PT)

◆ 理学療法とは?
理学療法とは、身体に障害のある患者さまに対し、主として、その基本的動作能力の回復をはかるため、治療体操、運動、物理的手技を加えることです。

◆ 対象は?
当院では以下の疾患別に、様々な患者さまに早期から理学療法の提供を行なっています。
(1)脳血管疾患等(脳梗塞、脳出血等の脳血管疾患、パーキンソン病等の変性疾患など)
(2)整形外科疾患(骨折、変形性関節症、肩関節周囲炎、脊椎脊髄疾患など)
(3)呼吸器疾患(肺炎、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、肺または消化器の術後患者など)
(4)心大血管疾患(急性心筋梗塞、慢性心不全、開心術後、末梢動脈閉塞性疾患など)

◆ どのようなことをするの?
各疾患から生じる障害が進展しないように、障害の予防・改善を目的にチーム医療に取り組みます。入院早期から退院となるまで理学療法を提供し、ソーシャルワーカー等と協力しながら退院支援を行います。また、医師に退院後も理学療法の継続が必要と判断された方には、外来でも理学療法を提供しています。

◆更なる良質な医療を提供するために
当院リハビリテーション部には、教育管理理学療法・認定理学療法士1名、基礎理学療法・専門理学療法士1名、心臓リハビリテーション指導士4名、3学会合同呼吸療法認定士3名が在籍しております。各疾患に特化した専門知識を高め、療養指導を必要とする患者さまへの援助を可能にしています。

2.作業療法(Occupational Therapy:OT)

◆ 作業療法とは?
作業療法とは、身体・心理・社会・職業などの諸活動に障害のある方、または予測される方が、充実した生活を送ることができるように、心身の活動を高めるようなさまざまな治療・練習・指導・援助を行うことです。

◆ 対象は?
以下の疾患別のリハビリテーションを0歳児から高齢の方まで多様な患者さまを対象に実施しています。
(1)脳血管疾患リハビリテーション(脳梗塞、脳出血等の脳血管疾患、パーキンソン病等の変性 疾患、小児発達障害等)
(2)運動器リハビリテーション(骨折、腱損傷などの手の外科領域、脊髄損傷等)
(3)呼吸器リハビリテーション(肺炎、慢性閉塞性肺疾患等)

◆ どのようなことをするの?
筋力をつける運動、関節をやわらかくする運動、手指の細かい操作の練習、物品操作の練習などの機能練習、ハンドセラピー、食事、更衣、トイレ、入浴などの身辺動作練習や調理、掃除などの家事動作練習、復職などの社会生活力を高めるための支援を行います。

◆更なる良質な医療を提供のために
認定作業療法士1名を有し、発症早期から病棟からの訓練も積極的に行っています。身体面・高次脳機能面の経過を追いながら、医療における評価を基盤としたリハビリテーション技術を提供する体制を目指しています。

3.言語聴覚療法士(Speech-Language-Hearing Therapy:ST)

◆言語聴覚療法とは?
言語聴覚療法とは、コミュニケ-ションが取りづらくなった方や食事をとることが難しくなった方に対して、リハビリテーションを行います。

◆対象者は?
主に失語症、構音障害、高次脳機能障害、嚥下障害の方です。その主な原因疾患は、脳血管障害、頭部外傷、変性疾患などです。

◆どのようなことをするの?
・失語症の患者さまに対して
・言語機能全般に障害をきたすため、「聞く」「話す」「読む」「書く」の
4つの言語的側面に対 してアプローチを行います。
・構音障害の患者さまに対して
発声・発音の練習、発声発語器官(唇、舌など)の運動を行います。
・高次脳機能障害の患者さまに対して
注意障害や記憶障害などの高次脳機能障害の患者さまに対して、
その方の問題点に合わせ、注意訓練や記憶訓練などのリハビリテーションを行います。
・嚥下障害の患者さまに対して
食べる時は、話す時と同じ器官(唇、舌など)を使います。
そのため、口腔器官の運動や飲み込みの練習を行います。
障害の状態によりその方に合った方法と食形態で段階的に進めていきます。

◆更なる良質な医療を提供するために
当院では、言語聴覚士によるベッドサイドでの嚥下評価のみならず、耳鼻科、神経内科の医師、看護師、画像診断部とともに嚥下内視鏡検査(VE)・嚥下造影検査(VF)を行っております。各部門と連携しながら嚥下障害の詳細な評価を行い、リハビリテーションプログラムに反映させています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ