聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

クリニカルエンジニア部

部門の紹介(特色)

病院内では治療、診断、検査などあらゆる分野でいろいろな医療機器が使用されています。医療の高度化、専門化により、機器の種類や数が増えるとともに、使用に際しても専門の工学知識が必要となり、医師や看護師のみでは対応しきれなくなっています。クリニカルエンジニア部は、呼吸・循環・代謝に関わる生命維持管理装置(人工呼吸器・人工心肺装置・人工透析装置など)などの医療機器の操作および保守管理にあたる専門の部署です。
クリニカルエンジニア(臨床工学技士)は、これらの機器の取り扱いに関して専門教育を受けた医療機器の専門家で、その資格は国家試験に合格して与えられる国家資格です。
医療機器のあるところ、そのすべてがクリニカルエンジニアの仕事場です。特に重症の患者さまを治療する救命救急センターや手術室、血液透析室、血管造影室、新生児集中治療室などが中心ですが、一般病棟でもなくてはならない存在です。
仕事の内容は、医療機器の点検・保守管理、故障時の対応と修理、さらに医師の指示下で直接医療機器の操作を行い治療や検査の一翼を担っています。また医療機器を正しく取り扱うことは、医療を安全に行うのに大切なことです。すべての医療従事者に医療機器の正しい取り扱いを指導・啓発することもクリニカルエンジニアの大切な仕事です。
また、呼吸療法サポートチーム(Respiratory Support Team : RST)の中で中心的な役割を担っています。

クリニカルエンジニア部部長:永納和子

スタッフ紹介

スタッフ紹介は聖マリアンナ医科大学のスタッフ紹介をご覧ください。


  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ