聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

医療安全管理室

医療は年々、高度化・専門化し益々複雑となり、医療事故に繋がりかねない要因は増加傾向にあります。そのような中で、当院ではその基本方針でもある「質の高い安全な医療の提供」を目指し全職員が一丸となり日々努力を重ねていますが、その中心となるのが医療安全管理室です。医療安全管理室は、組織横断的に医療に係る安全管理の中枢を担う病院長直属の組織として、院内各部署・各職種と連携しコミュニケーションを図りながら、さらなる安全性の向上に取り組んでいます。具体的な業務としては、インシデント・アクシデント事例の把握・要因分析、改善策の検討・実施等により安全対策の強化を図っています。また、定期的な院内巡回活動(医療安全パトロール)を実施し、現場教育に努めています。さらに、広報や定期的な研修を通して、職員の医療安全意識の向上、安全文化の確立を目指しています。特に重大な医療事故が発生した場合は、「医療事故調査委員会」を設置し検討します。なお、平成22年7月、感染症発生の未然防止、発生時の迅速かつ適切な対応、病棟等の定期的な環境巡視など、院内感染対策の強化を図るため「感染防止対策部門」を設置しました。

平成27年度における取り組み

1.セーフティーレポート

2.医療安全ならびに感染対策研修

3.入院患者の声

4.医療安全パトロール

5.主な改善事例

6.医療安全推進週間

Get ADOBE READER
※PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから無料で行えます。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ