聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

物流センター

部門の紹介(特色)

院内で使用する物品(診療材料、注射薬、消毒薬、外用薬、消耗品、滅菌物、ME機器等)の在庫、消費、供給、回収、再生までを一元的中央管理し、医 療スタッフの物品管理業務等の雑務からの解放により医療・看護業務への専念を可能にし、データ分析及びその報告により、医療・看護の質の向上と経営の効率化を図ります。 院内で物流センターは物流センター資材倉庫・中央滅菌材料室(中材)・マシンショップの3つの部署で構成されています。

物流センター資材倉庫

診療材料、消耗品、薬品(注射薬、消毒薬、外用薬)を病院内の各部署の安定供給を行い、電算管理を行っている為、入庫、在庫、出庫に関するさまざまなデータを作成し役立っています。また、品質管理も行い、無駄なく、安全に使っていただけるようにしています。

中央減菌材料室

手術機器をはじめ、院内すべての滅菌物の回収、消毒、洗浄、滅菌、供給を行います。滅菌に関しては物理的、化学的、生物的に滅菌確認を行い安全管理も徹底しています。

マシンショップ

各部署で共通して使用するME機器及び、看護用品の中央管理、保守、メンテナンスと維持管理をし、主に貸出し、返却、清拭、点検を行い、履歴、稼動状況の把握をします。また、修理の窓口も行い、修理履歴の管理、修理品納期の確認を行います。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ