聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

病院情報の公表

臨床指標

病院情報の公表

当院では、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成して情報公開を進めています。
このたび、『病院情報の公表』Webページを公開致しました。
当院における患者数上位3疾患や、5大がんの患者数などをDPCデータに基づき掲載しています。
具体的に、DPC病院が情報公開するのは次の7項目です

1.年齢階級別退院患者数
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
5.脳梗塞のICD10別患者数等
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

この指標は、2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)中に当院を退院した患者さまのデータを基に作成しております。
ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費、24時間以内の死亡、新規高額薬剤使用の患者さまのデータは含まれません。

平成29年9月

クリニカルインディケーターの公開について

クリニカルインディケーターとは、医療の質をあらわす指標です。臨床指標 Clinical Indicator:CI、または、質指標 Quality Indicator:QI と呼ばれます。

近年、病院で行われる医療の質向上と安全に対する関心が高まり、様々な取り組みが行われております。病院全体や診療領域別に指標を設定し、数値で状況を把握して「可視化」・「見える化」・「情報の共有化」することにより、とらえにくい病院の「質の向上」を計ることが可能になります。
当院では、今後とも継続的に臨床指標の分析や改善、見直し等を進め、さらなる医療の質向上に努めてまいります。
平成28年4月

病院全体、医療安全などに関すること

1  一日平均入院患者数
2  一日平均外来患者数
3  病床利用率
4  平均在院日数
5  紹介率
6  逆紹介率
7  院外処方箋率
8  2週間以内の退院サマリー完成率
9  インシデント・アクシデント報告件数
10  アクシデント発生件数(3b以上)
11  転倒・転落の発生率
12  MRSA感染の発症率
13  褥瘡発生率

救急、手術などに関すること

14  救急車受入台数
15  救急車受入れ患者の入院率
16  総手術件数
17  死亡退院患者率
18  剖検率
19  退院後6週間以内の計画的再入院率
20  退院後6週間以内の(計画的ではないが)予期された再入院率
21  退院後6週間以内の予期せぬ再入院率
22  24時間以内の再手術率
23  術後の肺塞栓発生率
24  急性脳梗塞患者に対する早期リハビリテーション開始率

職員に関すること

25  職員健診受診率
26  職員の非喫煙率
27  看護師退職率

病院全体、医療安全などに関すること

1  一日平均入院患者数
gf001
1年間の延べ入院患者を日数で割った平均の患者数です。

2  一日平均外来患者数
gf02
1年間の延べ外来患者の数を外来診察日数で割った平均の患者数です。

3  病床利用率
gf03
病床利用率とは運用病床数に対し、入院患者がどのくらいの割合で入院していたかを示す指標です。

4  平均在院日数
gf04
病院全体で1人1人の患者さまが何日間入院しているかを示す指標です。患者さまの重傷度や疾病によって入院日数に違いがありますので単純に比較することはできませんが、質の保証と医療の効率化が高いレベルで達成されるほど、平均在院日数は短縮するとされています。

5  紹介率
gf05
現在の我が国における「受診の方法」として、まず地元のかかりつけ医を受診し、必要があれば当院のような規模の病院へ「紹介状を持参して受診する」ということが推奨されています。当院では、この方針に準じて紹介率は着実に増加し、2015年度は80%を超えています。ご利用の皆さまには、今後ともご理解のほど、お願いします。

6  逆紹介率
gf06
当院で紹介状を作成して、かかりつけ医を紹介した割合です。急性期病院である当院での必要な診療を終えられた患者さまは、かかりつけ医や地元の医療機関等へ紹介をさせていただいています(逆紹介と呼んでいます)。

7  院外処方箋率
gf071
当院では、医薬分業を促進しており、その数値は年々向上しています。

8  2週間以内の退院サマリー完成率
gf08
退院サマリーとは、入院期間中の経過や病名、手術などが記載された診療の要約で、全退院患者について作成されます。作成期間については、一般的に退院後の外来診察までの平均的な日数である「退院後2週間以内」が望ましいといわれています。

9  インシデント・アクシデント報告件数
gf09
インシデントやアクシデントが全職員から報告される院内システムを整備し、報告事例について問題点や改善点等を検討し、医療安全の向上に繋げます。報告することを奨励した結果、件数は増加しています。

10  アクシデント発生件数 (3b以上)
gf10
事象レベル「3b」以上(いわゆる「アクシデント」)は、30件程で、「転倒転落」「チューブ抜去」が主で、原因分析や改善策検討に努めています。

11  転倒・転落の発生率
gf11
病院での療養、という環境の変化や疾病によって、思わぬ転倒、転落が発生してしまうことがあります。当院では、患者さまやご家族へ入院時にリスクの説明をして意識づけていただくと共に、病棟別などの発生状況を調査して、防止に努めています。

12 MRSA感染の発症率
gf12
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)を発症した入院患者の割合を示したものです。今後も院内感染管理の徹底に努めます。

13 褥瘡発生率
gf13
褥瘡(じょくそう)とはいわゆる『床ずれ』と呼ばれるものです。
当院では、「褥瘡対策委員会」が中心となり、褥瘡の発生予防や早期治癒を目的とした活動を行っています。

救急、手術などに関すること

14 救急車受入台数
gf14
当院は、3次救命救急センター(重症の方を優先して対応)を運営しており、効率的な高度・安全・良質な医療が提供できるよう努力しています。

15 救急車受入れ患者の入院率
gf15
当院に救急車で来院される方は、半数以上が入院が必要な患者さまです。他の医療機関に比べて入院率が高い、重症の救急患者の割合が多い医療機関です。

16 総手術件数
gf16
毎日、10件余りの手術を実施しています。手術室は6室あります。

17 死亡退院患者率
gf17
死亡退院患者率は、医療施設の特性(患者さまの年齢や疾病の種類、重症度など)が異なるため、医療機関間で医療の質の良し悪しを比較できるものではありません。経年変化を継続的に分析して、医療の質向上に役立てるもの、と考えています。

18 剖検率
gf18
ご遺族の承諾のもとに病死された患者さまのご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」で、略して「剖検(ぼうけん)」と呼んでいます。剖検によって、生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がされていたのか、治療の効果はどのくらいあったのか、死因は何であったのか、といったことを判断することができます。

19 退院後6週間以内の計画的再入院率
gf19

20 退院後6週間以内の(計画的ではないが)予期された再入院率
gf20

21 退院後6週間以内の予期せぬ再入院率
gf21
予定外で再入院されるのは、初回入院時の治療が不十分だったことや、回復が不完全な状態であった、などが考えられます。医療の質改善のために、入院期間や治癒期間が適切であったかなどの検証が必要です。

22 24時間以内の再手術率
gf22
再手術は、術式によって様々な原因があります。最初の手術を評価する上で、2回目以降の手術が予定されたものであったのか、緊急性を要したものなのかを検証して、質の向上につなげることが必要と考えます。

23 術後の肺塞栓発生率
gf23
注意が必要な術後合併症の1つです。割合が低いほど、医療の質は上がります。

24 急性脳梗塞患者に対する早期リハビリテーション開始率
(入院後3日以内)
gf24
急性期におけるリハビリテーションの目的は、廃用症候群や合併症の予防・改善にあり、発症早期からリハビリテーションを開始することが重要です。

職員に関すること

25 職員健診受診率
gf25

26 職員の非喫煙率
gf26
喫煙は喫煙者自身にとって有害であるのみならず、受動喫煙により周囲の人の健康も害します。喫煙は喫煙場所に配慮すれば社会的に容認されている行為ですので禁煙を強制することは出来ませんが、禁煙のための薬が開発されていることなどを鑑み、この数値が上昇することを期待しています。

27 看護師退職率
gf27
退職率は、職場環境がよく、働きやすい職場であることの指標となります。例えば、出産・育児をしながら安心に勤務ができる職場環境、制度等を整えること、といった対策も重要です。職員・病院双方にメリットのある「退職率の低下」を目指して、努力しています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ