聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

入院中の過ごし方

お願い

・患者さまご本人の確認のために、ネームバンドの着用をお願いしております。
・病室入口の患者さま名の表示について、ご要望があれば、病棟看護師までお申し出ください。
・消灯時間は21:30です。
・入院されてからご本人、他の患者さまの症状等により、
 病室・病棟が変更になる場合があります。ご了承下さい。敷地内は禁煙です。
・職員に対してのお心付け等は一切お断りしております。

お食事について

・朝食8時、昼食12:00、夕食18:00前後となります。
 メニューは選択メニューとなっています。
・患者さまの病状にあわせて適切な食事をご用意させていただきます。
・お食事に必要な箸、湯呑みはそのつど病院でご用意させていただきます。
・お食事のことでお困りのことがございましたら医師・看護師にご相談ください。

付き添いについて

付き添いは必要ございませんが、患者さまの病状によっては許可される場合もありますので医師・看護師にご相談ください。付き添われる場合は、許可願いの書類が必要となります。

外出・外泊について

入院後の外出や外泊を希望される方は医師・看護師にお申し出ください。

診断書・証明書について

・診断書・証明書等が必要な場合は、
 病棟クラーク(事務員)にご依頼ください。
・退院されてから診断書・証明書等が必要な場合は、
 入院されていた科の外来受付にお申し出ください。
 救命救急センターに入院されていた場合は、救命救急センター受付にお申し出ください。

電話について

・入院中の患者さまへのお電話はご遠慮ください。
 但し、緊急の場合のみお取次ぎいたします。
・携帯電話・PHSは、建物外および3階から5階公衆電話コーナー・
 2階周産期センター側エレベーター前にてご利用ください。
 ご利用はマナーモードでお願いします。
 消灯後の通話はお控えください。

入院中の心配ごとについて

・入院したことから起きるいろいろな心配事や各種保障制度の活用などの
 ご相談にソーシャルワーカーがお受けします。ご希望の方は医師・看護師にお申し出ください。
・退院後、在宅療養(看護)についてご相談を希望される方は看護師にお申し出ください。
・結核予防法、生活保護法、更正医療、育成医療、養育医療、原爆医療、特定疾患、労働災害、
 公務災害、公害等の諸手続きについてのご相談は諸法受付にお申し出ください。

防災について

・各病棟等に非常口がございますのでご確認ください。
・病院は防災について十分な管理を施しておりますのでご安心ください。
・災害の際にはまずご自身の身体を防護され職員の指示に従ってください。
・防犯上、夜間の出入口は、オートロックになっています。

駐車場について

・外来患者専用のため、入院中の駐車はご遠慮ください。
・入院当日、自家用車でご来院の場合は必ず、
 運転者を同伴する等の方法をお願いいたします。
・駐車料金・・・・30分無料
  (30分以上4時間まで400円。以降1時間毎に100円)

※入院患者及び面会の方は駐車料金の減額対応はございません。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ