聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

腎臓・高血圧内科

診療科の紹介(特色)

当科では、慢性糸球体腎炎・ネフローゼ症候群、急性腎障害(AKI)、水電解質・酸塩基平衡異常、原因不明もしくは治療困難な高血圧、そして慢性腎臓病(CKD)、すなわち発症から末期腎不全に至るまでのすべての段階の腎臓病を対象としています。2017年度より、遺伝性腎疾患として有名な常染色体優性多発性嚢胞腎(透析導入原疾患の約3%を占める)や腎炎・ネフローゼの専門外来を設け、より積極的な治療アプローチを心がけております。また、慢性腎臓病(CKD)の進行を遅らせるために、2018年度より多職種が関わるCKD教育入院プログラムを取り入れました。慢性糸球体腎炎や各種腎疾患(ネフローゼ、急性腎障害、急性腎炎、急速進行性腎炎など)に対し、腎生検による正確な診断と、適確な治療を行っております。末期腎不全では血液透析や腹膜透析の導入・管理を行います。さらに、急性腎障害、薬物中毒、多臓器不全、自己免疫性疾患などに対しても、他科との連携のもとに積極的に血液浄化療法を施行しています。 バスキュラ―アクセス外来では、透析用シャントの定期的な診察やシャントPTA(血管拡張術)も行っております。さらに腎代替療法選択外来を設け、血液透析・腹膜透析・腎臓移植の各々の患者様ののライフスタイルに合わせた適切な治療法のアドバイスを行っております。高血圧は腎臓と密接な関係があることから、その原因と症状(重症度・危険因子・臓器合併症)を正しく評価し、適確な治療をすることで予後の改善に努めています。患者様の教育の一環として、「腎機能の進行を遅らせるために」と「透析の治療選択」をテーマに年に2回の腎臓病教室を開催し、好評を得ています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ