聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

当院を利用されている患者さまとそのご家族、地域の皆さまへ

この度、院内での新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、当院を利用されている患者さまとそのご家族、地域の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

当院では新型コロナウイルス感染症について、クルーズ船患者の受入れを皮切りに横浜市行政と連携を取りつつ今日までの診療を行って参りました。院内感染により当院の状況が刻々と変化していく中で、横浜市行政との連携をより強化しており、当院の診療再開においても横浜市行政との綿密な連携は必要不可欠です。

現在、当院では診療の再開に向けて、重大な院内感染を発生させた社会的責任を重く受け止めるとともに、今回の経験を踏まえた感染防止対策に全力を挙げて取り組んでおります。また、院内感染の終息宣言に向け、以下の条件を満たすことを念頭に準備を進めております。

【院内感染の終息宣言条件】
1) 院内における入院患者さま及び職員について、新規陽性者の最終発生から3週間が経過
2) 5月18日及び19日横浜市行政の立入検査に基づく指摘事項を解決していること

昨日の当院ホームページでもお知らせいたしましたが院内における入院患者さま及び職員については5月18日以降、新規陽性者は出ておりません。現在、横浜市行政及び保健所の指導のもと患者さまの安全を確保し、皆さまが安心して受診していただけるよう準備を進めております。

新型コロナウイルス感染症は、まだ未解明の部分も多く、有効な治療法の確立、ワクチンの開発にも時間がかかることが想定されます。診療の再開にあたっては今回の経験をもとに、横浜市の地域中核病院として、当院を利用されている患者さまとそのご家族、地域の皆さまの信頼にお応えできるよう努力して参る所存です。

2020年6月3日
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
病院長 國場幸均

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ