聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

通常どおり安心して来院して頂くための事業継続計画(各部門編1)

当院では、6月8日をもって院内感染の終息宣言を行うとともに診療を段階的に再開しております。診療の再開にあたっては、数週間に渡り徐々に診療活動の幅を広げつつ、問題がないことを慎重に確認する予定です。

患者さまの安全を確保し、皆さまが安心して受診していただけるよう当院の感染防止における取り組みを順次ご紹介いたします。

【各部門に関するご紹介】

1. 受付の対策(共通):
外来各所と同様、受付に飛沫予防フィルムを設置しています。

 

画像受付                   検査受付

透析受付

2.ソーシャル ディスタンス(共通):
外来待合席と同様、椅子は1つ置きに座っていただくよう張り紙でご案内しております。また、不特定多数の方が触れる箇所については適宜アルコールによる拭き上げも行っております。大勢が並ぶことが予測される画像受付では間隔をあけて並んでいただけるよう配慮しております。

 

レントゲン撮影室前の椅子

 

3.画像診断部の対策:
1)診療放射線技師をはじめとしたスタッフは、基準に則った防護具を付けて検査を行います。
2)1F一般撮影、CTの待合廊下、地下の超音波、MRの待合室はお待ちいただく人数を制限します。受付後、混み合っている場合は院内でお待ちいただき呼び出しベルにてお呼びします。
3)核医学の検査についても受付後、待ち時間がある場合は呼び出しベルにてお呼びします。

4.臨床検査部の対策:
採血室
1)以前より行っておりますが、採血の前後でアルコールでの手指消毒を励行、採血台及び駆血帯等の清拭、患者さまごとのグローブ交換を徹底いたします。
2)採血室の中待合用の椅子を減らし、間隔をあけてお座りいただけるよう配慮いたします。
生理検査室
1)手が触れる検査機器及び環境表面の拭き上げと消毒を患者さまごとに行います。
2)生理検査室の換気を定期的に行います。

5.透析療法部の対策:
1)外来透析患者さま、バスキュラーアクセスの外来患者さまも他の外来受診患者さまと同様、入館時に体温チェック、手指消毒および「新型コロナウイルス感染拡大防止のための問診票」を用いて事前に発熱等を調べております。その後、1階ロビーでお待ちいただき呼び出しベルにてお呼びします。
2)透析室入室にあたっては、入室される方を制限するとともに、間隔をあけて患者さまをお呼びし、更衣室で着替えが済んだ方から所定のベッドにご案内いたします。
3)ベッドを1床ごとに使用し、隣合わない環境となるよう配慮いたします。

※なお、上記の体制は、今後の院内状況や新型コロナウイルス感染症の流行状況を踏まえて、変更となる可能性がございますので予めご了承ください。

ご来院にあたっては可能な限りご自宅でも検温を行う等、自身の体調を確認し、マスクを着用した上でご来院ください(万が一、発熱等の症状がある場合は、必ず係員へお申しつけください)。
皆さまが安心して受診していただけるよう当院の感染防止における取り組みへのご理解、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

次回も【各部門に関するご紹介】をご紹介いたします。

2020年6月12日
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
病院長 國場幸均

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ