聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

通常どおり安心して来院して頂くための事業継続計画(各部門編2)

当院では、6月8日をもって院内感染の終息宣言を行うとともに診療を段階的に再開しております。診療の再開にあたっては、数週間に渡り徐々に診療活動の幅を広げつつ、問題がないことを慎重に確認する予定です。

患者さまの安全を確保し、皆さまが安心して受診していただけるよう当院の感染防止における取り組みを順次ご紹介いたします。

【各部門に関するご紹介】

1.受付の対策(共通):
外来各所と同様、受付に飛沫予防フィルムを設置しています。

 

リハビリ受付               お薬お渡し窓口

2.リハビリテーション部の対策:
1)外来待合席と同様、椅子は1つ置きに座っていただくよう張り紙でご案内しております。また、不特定多数の方が触れる箇所については適宜アルコールによる拭き上げも行っております。
2)スタッフは、基準に則った防護具を付けてリハビリを行います。また、感染患者さまの担当療法士は非感染患者さまのリハビリを担当しないよう配慮いたします。
3)リハビリテーション室でのリハビリは、入院患者さまと外来患者さまが混在しないよう時間帯を分けて行います。また、患者さま同士の間隔にも配慮するとともに、可能な限り常時換気を行います。
4)言語療法室のテーブルには、患者さまとの間にアクリル板を設置し飛沫を遮蔽します。嚥下評価や訓練などマスクを外す必要がある場合は、基準に則った防護具を着用します。

言語療法室のアクリル板

5)リハビリテーション室で行うリハビリ以外にも病室でも行える入院中の運動に関する動画・パンフレットを作成し、円滑な退院を支援します。

入院中の運動のススメ(youtube)

入院中の運動と脳トレのススメ(youtube)

この動画のパンフレットはこちらから

3.栄養部の対策:
1)感染あるいは感染が疑われる患者さまに対する食事の提供については、ディスポーザブル(使い捨て)食器で食事を提供いたします。また、食事を運ぶ配膳車についても病棟の行き来の際に消毒を徹底しています。
2)診察予約が電話診療に変更となった患者さまについては次回の診察予約に合わせ栄養食事指導の予約を変更いたしました。栄養食事指導の際、スタッフは、基準に則った防護具を付けて指導を行うとともに室内清掃と換気を徹底いたします。

 

ディスポーザブル(使い捨て)食器          配膳車 消毒用マット

4.薬剤部の対策:
1)「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和2年4月10日事務連絡、厚生労働省医政局医事課/医薬・生活衛生局総務課)に則り、院内外来処方薬の郵送手配等を行っております。

電話再診による処方箋発行のご案内はこちらから

※なお、上記の体制は、今後の院内状況や新型コロナウイルス感染症の流行状況を踏まえて、変更となる可能性がございますので予めご了承ください。

ご来院にあたっては可能な限りご自宅でも検温を行う等、自身の体調を確認し、マスクを着用した上でご来院ください(万が一、発熱等の症状がある場合は、必ず係員へお申しつけください)。
皆さまが安心して受診していただけるよう当院の感染防止における取り組みへのご理解、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

2020年6月13日
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
病院長 國場幸均

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ