聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

循環器内科

診療科の紹介(特色)

虚血性心疾患(心筋梗塞,狭心症)、心不全、不整脈、心臓弁膜症、心筋症等の心臓病全般、大動脈解離や肺塞栓症などの血管の病気、心血管疾患を合併 した高血圧・高脂血症の管理等、患者さまのQuality of Life(生活の質)の向上を目指した診療を行っております。また急性心筋梗塞をはじめとした救急対応を要する患者さまに対しては救急外来にて365日 24時間体制での診療や、心筋梗塞や心不全に対する心臓リハビリテーションや運動療法(運動処方)を積極的におこなっております。
また、平成27年度から不整脈治療として、カテーテルアブレーション治療を開始いたしました。

スタッフ紹介

スタッフ紹介は聖マリアンナ医科大学のスタッフ紹介をご覧ください。


取り扱い症例(症例数・治療成績)

(平成26年度)

・外来患者数(1日平均)・・・56.8人
・平均入院患者数・・・20.7人
・年間延べ入院患者数・・・7,571人
・平均在院日数・・・8.5日

主に外来にて心電図検査、心肺運動負荷試験、心臓超音波検査、24時間ホルター心電図検査、心臓核医学検査、冠動脈CT、心臓MRI等の各種検査を行います。
各種検査結果を検討の後、入院して頂き心臓カテーテル検査(左心カテーテル検査・右心カテーテル検査・心筋生検)、心臓電気生理学検査を行い、より詳細な 病態把握を行い、治療方針を決定します。当科で行っている主な治療方法としては、冠動脈インターベンション(血管形成術)治療、心臓ペースメーカー治療が あります。またカテーテルアブレーション、ICD(植込み型除細動器)植込みと両心室ペーシング治療(心臓再同期療法)を開始いたしました。
冠動脈冠動脈造影検査は年間約500件。冠動脈インターベンションは年間約170件。心臓ペースメーカー植え込み手術は年間約50件。心臓リハビリテーションは延べ約3,000件です。

医療設備

血管撮影室・・・2室
心臓・血管センター・・・35床
呼気ガス分析装置

施設認定

日本循環器学会認定教育施設
心疾患リハビリテーション施設

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ