聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

代謝・内分泌内科

診療科の紹介(特色)

日本内分泌学会認定教育施設、日本糖尿病学会認定教育施設であり、内分泌疾患と糖尿病、高脂血症、肥満を中心に診療しています。
内分泌疾患では豊富な診療経験を生かして、二次性高血圧、症候性肥満の早期発見、悪性腫瘍(副腎癌、褐色細胞腫、神経内分泌癌)の精査、加療に精力的に取り組んでいます。また現在、厚生労働省研究班(副腎ホルモン産生異常症、多発性内分泌腺腫症)班員、内分泌学会臨床重要課題検討委員会委員(原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎皮質機能低下症)を務め、最新の医療情報提供とそれを反映した診療の実施を心がけております。また、バセドウ病に対するアイソトープ治療も行っております。
糖尿病、代謝疾患については血糖、脂質の正常化にとどまらず、各専門分野の専門医、糖尿病専門療養指導士の資格を有した看護師、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカー等と緊密な連携を図り、治療効果の持続、関連合併症の早期発見、早期治療に努めております。連続血糖測定器やフラッシュグルコースモニタリングによる血糖日内変動評価、インスリン持続皮下注入療法、Sensor Augmented Pump(SAP)療法も積極的に行っております。入院患者が対象となる糖尿病教室では、各職種の専門スタッフが指導致します。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ