聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

小児科

診療科の紹介(特色)

こども憲章(※1)を遵守し、こどもの権利を守り、健康状態を保持・増進する医療を目指すと同時にご家族の相談相手として診療にあたるように努めます。
地域中核病院そして大学附属病院として、小児のあらゆる急性疾患への対応ならびに腫瘍性疾患を除いた慢性疾患の診断・治療を行っています。
3次救命救急病院に指定されており、365日24時間重症患者さんを常勤小児科医が診療に当たります。横浜市の2次救急輪番病院への参加も行っています。
横浜市学校心臓検診の二次指定医療機関ならびに横浜市学校腎臓病検診の三次検診指定医療機関として診療をしております。
血友病、VWD等の類縁疾患の診断・治療に関しては、対象は小児だけではなく成人も含みますが、後者の場合は関連診療各科と連携を取りながら診療をしています。平成30年より血友病ブロック拠点病院(全国15施設の一つ)として、血友病地域中核病院、診療連携施設と医療連携を図り、さらなる治療の向上を目指します。
入院施設に関しては、一般小児は「こどもセンター」、新生児は「周産期センター新生児部門」となります。
日本小児科学会の小児科専門医研修施設で、数多くの研修医が専門医を取得しています。また、大学の 教育機関として初期臨床研修医およびstudent doctorの臨床研修·実習の指導を行っています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ