聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

消化器・一般外科(消化器外科)

診療科の紹介(特色)

基本理念は「患者さまの目線にたった安全で確かな医療技術の提供」であり、各種ガイドラインに沿った標準的な治療を行っています。当科の診療範囲は胃、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢、胆管などに発生した消化器系悪性腫瘍(主に癌)に対する手術、抗癌剤治療ならびに胆石や鼠径ヘルニアなどの良性の疾患への外科手術であります。また、乳癌を中心とした乳腺内分泌疾患の手術、ホルモン化学療法を行っています。当科の特徴としては、良性疾患、胃癌、大腸癌に対して体への負担を軽減し痛みの少ない傷の小さな腹腔鏡下手術を積極的に施行していることです。腹腔鏡下手術3,000例以上の手術実績をもつ経験豊富な執刀医をはじめ、内視鏡外科学会公認の技術認定取得医により手術を担当しています。癌の根治性を保ちつつ手術による侵襲を軽減し、早期退院、早期社会復帰が可能な外科治療を提供しています。肝胆膵疾患に関しては、日本肝胆膵外科学会公認の高度技能指導医が担当しております。必要に応じて聖マリアンナ医科大学病院とも緊密な連携を取り最良の治療を提示して手術を実施しています。患者様の様々な併存疾患にも専門科と連携をとりながら、安全に術中術後管理を行います。医学の進歩のため全国規模の臨床試験にも参加しています。救命救急センターと連携して、急性虫垂炎や消化管穿孔、腹膜炎、急性胆嚢炎をはじめとした腹部救急疾患、腹部外傷などの緊急手術にも、迅速に対応しています。さらに、悪性腫瘍に関係したoncological emergencyに対しても緊急入院可能な体制を整えています。最新の医療知識や技術を背景に、患者さまの自己決定権を尊重したうえで治療方針を決定し、最善の医療サービスを提供することが、我々の使命と考えています。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ