聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

消化器・一般外科(乳腺・内分泌外科)

診療科の紹介(特色)

現在、聖マリアンナ医科大学横浜市立西部病院における乳腺・内分泌外科領域の診療は大学乳腺・内分泌外科よりスタッフの派遣を受けながら、消化器・一般外科の一部門として常勤医一名と非常勤医師一名で行っております。
当院では、大学病院(川崎市宮前区)、ブレスト&イメージング先端医療センター( 川崎市麻生区)での研究成果をふまえ、常に最新の診断・治療を実施出来る様、心がけております。
診療は、様々な患者さんの疾患と生活状況に応じ、常に最適な検査・治療方法をご提供すべく、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー等医療スタッフと連携し、チーム医療で対応させて頂いております。また、他院治療後の転移再発症例、局所進行症例などに対する外来化学療法も積極的に受け入れております。
乳癌診断では、外来でエコーガイド下マンモトーム(吸引式乳房針生検)で確定診断がつきにくい症例に対応しています。乳癌に対する手術治療は、主に乳房温存術、センチネルリンパ節生検を中心に行っておりますが、同時再建の必要な症例については、適宜、大学病院乳腺外科と連携しております。また、当科では甲状腺、副甲状腺疾患に対する外科治療も幅広く受け入れております。悪性腫瘍の手術治療のみでなく、比較的頻度の高い良性甲状腺腫瘍(腺腫様甲状腺腫)の手術治療や、バセドウ病や橋本病で薬物治療が困難な症例の手術治療を実施しております。中でも、比較的頻度の高い甲状腺乳頭癌に対しては、甲状腺全摘術後の131ヨードによる外来アブレーションが行えます。

  • ご来院される方へ
  • 医療関係者の方へ
  • 採用ご希望の方へ