聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

血液内科

主な対象疾患・治療法

〇造血器悪性腫瘍(急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、 慢性骨髄性白血病、骨髄増殖性腫瘍など。)に対して、化学療法、分子標的治療、造血幹細胞移植療法を行います。特に同種造血幹細胞移植の進化型のひとつ、血縁者間HLA半合致移植には特に力を入れております。安全、有効な移植には“白血球型”といわれるHLAハプロタイプ(DNAの塩基配列のこと)の患者、ドナー間の完全一致が基本的に必要とされました。患者の兄弟にドナーを求める場合について説明いたします(図: 骨髄バンク・臍帯血バンク ポータルサイトより)。子供の2本のDNAは両親の2本鎖DNAから1本ずつ遺伝されるので、子供の兄弟間でHLA完全一致の確率は25%です。つまり従来の移植法では兄弟が安全な移植ドナーと成り得る可能性は25%のみでありました。
最近の移植療法の進歩により、血縁で、HLAが半分合えば移植が可能となりました。HLA半合致の可能性は親子間であれば、100%、兄弟間では50%となり、血縁間の移植の可能性が格段に広がります。
〇貧血(悪性貧血、再生不良性貧血など)、血小板減少(特発性血小板減少性紫斑病など)も診療いたします。