聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

小児外科

主な対象疾患・治療法

主な対象疾患

1. 15 歳以下(新生児を含む)の体表、呼吸器、腹部臓器の外科疾患一般。
・顔面・口腔疾患(舌小帯短縮症、正中頚嚢胞、側頸瘻、耳前瘻孔など)
・呼吸器疾患(肺分画症、肺嚢胞性疾患、漏斗胸、横隔膜ヘルニアなど)
・消化管疾患(壊死性腸炎、食道閉鎖症、腸閉鎖症、直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病、腸回転異常症、肥厚性幽門狭窄症、胃食道逆流症、メッケル憩室など)
・体表疾患(鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、リンパ管腫、血管腫など)
・肝・胆道疾患(胆道閉鎖症、胆道拡張症など)
・泌尿器疾患(包茎、停留精巣、移動性精巣、陰唇癒合症など)
・固形腫瘍(神経芽腫、肝芽腫、腎芽腫、奇形腫など)
・日常よくみる疾患(肛門周囲膿瘍、痔瘻、裂肛、腸重積症、急性虫垂炎、消化管・気道異物、便秘など)
2. 血便、嘔吐、腹痛、便秘、腫瘤、黄疸等の症状の精査も行っています。
3. 重症心身障害児・者の手術(気管切開術、喉頭気管分離術、胃瘻造設術、噴門形成術など)
4. 小児外傷(交通外傷、胸腹部外傷など)

治療法について

・漏斗胸
保存的治療(バキュームベル)、手術治療(Nuss法)を行っています。

・リンパ管腫
内服治療(漢方薬の越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう))、OK432局注療法、手術治療を行っています。

・乳児血管腫(いちご状血管腫)
内服治療(βブロッカー治療)、レーザー治療(皮膚科)、手術治療を行っています。