聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

小児外科

鼠径ヘルニア・陰嚢水腫

小児鼠径ヘルニアとは?

いわゆる「脱腸」です。ももの付け根の“鼠径部”と呼ばれるあたりに腸管の一部などが出てしまう状態です。ももの付け根あたりが膨らみ、触ると柔らかくグニュグニュした感じがします。この膨らみは、その部分をそっと押すと引っ込みます。膨らみの部分が戻ったり、また現れたりすることが特徴です。こどもの鼠径ヘルニアは、お母さんのおなかの中にいる段階で閉じられるはずの小さな袋(おなかの中から鼠径部、陰嚢までつながっています)が閉鎖されないために起こる先天的なものです。鼠径ヘルニアでは嵌頓ヘルニアを起こす可能性があるため手術が必要です。嵌頓ヘルニアとは、袋の中にはみ出した腸管などが入り口部分で締め付けられ、元に戻らなくなってしまい、出っぱなしの状態を言います。そうなると強い痛みが起こり、血流が悪くなって、はみ出した臓器に血液が十分に行き渡らないため、臓器が壊死してしまうことがあります。

陰のう水腫とは?

鼠径ヘルニアと似た疾患として陰のう水腫があります。原因は鼠径ヘルニアと同じですが、袋の入り口が小さいため臓器が袋にはみ出ず、お腹の中の水だけが袋に溜まります。自然に水の溜まりがなくなることもありますが、数か月たっても腫れが引かなかったり、腫れを繰り返したりするなら手術を行います。手術は鼠径ヘルニアとほぼ同じです。

手術について

当院では男の子・女の子ともに腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(LPEC、エルペック)を標準術式としています。腹腔鏡手術とは手で直接手術するのではなく、細長いカメラ(腹腔鏡)とマジックハンド(鉗子)を用いて小さいキズ(切開)で手術をする方法です。


通常のLPECではおへそ、側腹部、鼠径部に3か所の小さな切開をつけて行います。当院ではさらに切開を目立たなくするために側腹部の切開をつけず、おへそに2か所の切開をつける方法(臍内2ポート法)を行っています。


手術ではおなかの中を観察して、ヘルニアの原因となっているフクロの入り口の穴を確認します。穴を見つけたら、糸のついた針で穴を1周し、糸を結紮して穴を閉鎖させます。ヘルニアの穴が閉鎖したことを確認し、切開を閉じて終了です。

入院について

当院では1泊2日入院で手術をします。手術前日に入院していただきますので入院前に食事制限などはありません。手術日は午前中に手術をし、夕方に診察をした後に退院となります。激しい運動やプールなどは術後初回外来までは控えていただきますが、退院翌日から通園、通学していただけます。吸収される糸で縫うため抜糸や消毒はいりません。

術後外来について

術後1週間を目安に小児外科外来でキズのチェックをします。その後は運動制限などを解除いたします。その後、通常は術後1ヵ月、3か月を目安に外来受診していただいてキズのチェックなどをします。