聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

代謝・内分泌内科

主な対象疾患・治療法

糖尿病

1、糖尿病とは

“糖”はからだにとって貴重な栄養素ですが、血液の中にたくさん溜まってしまうと、血管にダメージを与えます。
糖尿病とは“インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群”と定義されています。“インスリン”とは血糖値を下げる唯一のホルモンと言われ、膵臓のβ細胞という場所から分泌されます。この“インスリン”の供給不足、または抵抗性が起きると血糖値を下げることができず、高血糖をきたします。これが長い期間続くと、感覚低下/異常感覚や失明、透析、狭心症/心筋梗塞や脳梗塞、足壊疽等を引き起こします。

2、症状

糖尿病の初期は基本的に無症状です。高血糖が著しくなると、喉が乾く、飲み物をたくさん飲む、尿がたくさん出る、体重が減る、疲れやすくなるといった症状が出現します。感染症にかかりやすくなったり、傷が治りにくくなることもあり、重症な例では意識を失い、命にかかわる状態に陥る可能性もあります。種々の合併症をきたすと、足がしびれる、便秘/下痢を繰り返す、立ちくらみがする、視力が落ちる、むくむ、胸が痛む、手足が動かなくなる、顔がゆがむ、呂律が回らない、冷え性、歩くと足が痛むなど、合併症に沿った症状が出現します。

3、診断

糖尿病の診断は血糖値と、HbA1c(ヘモグロビンA1c)という項目で判定し、血液検査でわかります。血糖値は食事とのタイミングで解釈が異なりますので、採血前にいつ食事をしたのかを確認する必要があります。HbA1cとは、採血した時点から過去1,2ヶ月間の血糖の平均値を反映します。精密検査として、ブドウ糖入りの飲料水を飲用し、採血を行う75g経口ブドウ糖負荷試験を行うこともあります。
糖尿病には1型、2型、その他の特定の機序、疾患によるものと、妊娠糖尿病があります。1型糖尿病とは膵臓のβ細胞が破壊されることでインスリンの分泌が低下する病気です。2型糖尿病とは肥満などのインスリンの抵抗性が主病態の病気です。その他の特定の機序、疾患として、膵疾患、内分泌疾患、肝疾患、薬剤によるもの等が挙げられます。

4、治療

糖尿病の治療は合併症を予防し、健康な人と変わらない日常生活の質の維持、寿命の確保を目標としています。そのためのコントロール目標は人それぞれです。
治療の基本は食事療法、運動療法であり、生活習慣の見直しが必要になります。薬物療法としては、現在使用可能な内服薬は大きく分けて7種類あり、注射製剤もインスリンとGLP-1受容体作動薬の2種類があり、これらを組み合わせて治療を行います。
インスリン治療も頻回皮下注射療法と持続皮下注入療法があります。持続皮下注入療法には、お腹などの皮下組織に専用のセンサーを装着することで、連続的に皮下のグルコース濃度を測定し、リアルタイムに血糖推移を確認できるSensor Augmented Pump(SAP)療法があります。血糖変動が著しく大きい方、予期せぬ低血糖を繰り返す方、厳格な血糖管理が必要な方などが対象となります。当院でもSAP療法の導入、継続加療を行っております。

原発性アルドステロン症

1、原発性アルドステロン症とは

アルドステロンとは腎臓の上部にある副腎という臓器から分泌されるホルモンで、ミネラル/電解質の調整を行い、血圧や体液量の調節を行っています。原発性アルドステロン症は、このアルドステロンが過剰に分泌する病気です。結果、高血圧と低カリウム血症をきたします。ここ最近ではスクリーニングの普及により、診断数が明らかに増加しており、原発性アルドステロン症は高血圧の5-15%を占めると言われています。原発性アルドステロン症は高血圧の中でも高頻度であり、適切な診断と治療により治癒可能、また臓器障害/合併症が高頻度であることから注目されています。

2、症状

軽症例では高血圧を認めるのみです。低カリウム血症が伴う場合、尿が多くなったり、筋力が低下したり、筋けいれんを認めることがあります。重度の場合、四肢麻痺、テタニー、不整脈を呈することがあります。

3、診断

原発性アルドステロン症が疑われた場合、ホルモンの血液検査を行います。
アルドステロンはレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の最終産物であり、アルドステロンはレニンというホルモンを抑制します。原発性アルドステロン症の場合、アルドステロンが過剰に分泌されているため、アルドステロンが高値で、レニンが低値となり、アルドステロンとレニンの比が高くなります。このような結果が得られた場合、機能確認検査に進みます。機能確認検査としてカプトプリル試験、生理食塩水負荷試験、フロセミド立位試験、経口食塩負荷試験の4検査があります。(当院では原則、カプトプリル試験、生理食塩水負荷試験、フロセミド立位試験の3検査を行います。)これらの検査を入院下で行います。少なくとも1種類の検査が陽性であった場合、原発性アルドステロン症の診断に至ります。
副腎は左右1つずつ、計2つあるため、次に病変の局在診断を行う必要があります。副腎静脈サンプリングというカテーテルの検査を2泊3日の入院で行います。その結果、片側性または、両側性の診断に至ります。

4、治療

様々な要因を考慮しますが、片側性であった場合、原則は病変の摘出術を行います。また、両側性であった場合、アルドステロンの作用を減弱させるための薬物治療を行います。

バセドウ病

1、バセドウ病とは

自身の細胞を刺激してしまうタンパク質/自己抗体により甲状腺の細胞の増殖と甲状腺ホルモン合成が亢進する臓器特異的な自己免疫疾患です。甲状腺とは首の前方、喉仏の下に位置する内分泌腺です。甲状腺ホルモンは発達・分化や、代謝、ホメオスタシスの維持といった多彩で重要な効果をもたらします。バセドウ病では通常、甲状腺ホルモンの機能が亢進し、多様な症状をきたします。好発年齢は20-30歳代で、男女比は1 : 4と女性に多い病気です。

2、症状

症状は大きく、甲状腺の腫大、甲状腺ホルモンの機能亢進に伴う症状、眼の症状に分けられます。
甲状腺の腫大は一般的にびまん性です。若年女性では見つけられやすいですが、男性では女性より甲状腺が下方にあること、周囲の筋肉が発達していることからわかりにくいことがあります。また、高齢の方では甲状腺が小さく、わからないこともあります。
甲状腺ホルモンの機能亢進に伴う症状には動悸、息切れ、発汗、体重の減少、手指のふるえ、四肢の脱力などがあります。
眼の症状には眼が突出する、まぶたが腫れる、ものが二重に見える、視力の低下などがあります。

3、診断

診断は血液検査、超音波検査、シンチグラフィ検査で行います。血液検査で甲状腺ホルモンの上昇、甲状腺刺激ホルモンの低下、自己抗体の陽性を確認します。超音波検査では甲状腺の腫大、甲状腺への血流の増加を確認します。シンチグラフィとは、放射性物質を体内に投与し、放出された放射線を検出、その分布を画像化したものです。甲状腺に対してはヨウ素やテクネシウムを用います。両者とも、甲状腺の機能を画像的に反映します。バセドウ病ではびまん性に取り込みを認めます。

4、治療

治療には薬物療法、アイソトープ療法、手術療法の3つがあります。日本では薬物療法が第1選択になることが多く、外来ですぐ治療をはじめられることがメリットです。しかし、細菌と戦う白血球の数が極端に減る無顆粒球症などの重症な副作用が起きる可能性があります。また、再発も少なくありません。一方で、アイソトープ療法は甲状腺に集積する放射性物質を投与することで、甲状腺を破壊し、機能を低下させます。カプセルを飲むだけの治療ですが、その前後でシンチグラフィの検査や、日常生活上の留意点があります。また、1回の治療で効果が不十分なことがあり、複数回治療を要することもあります。一方で甲状腺の機能が下がりすぎてしまい、低下症になることもあります。手術療法は甲状腺を外科的に切除する方法です。
当院ではそれぞれ、放射線科、外科と連携し、すべての治療方法が選択可能です。

副腎皮質癌

1、副腎皮質癌とは

人口100万人あたり、0.5~2.0名程度と比較的まれな疾患ですが、近年では健康診断などの画像検査で偶発的に見つけられる頻度が増加しています。一般的に、非機能性の副腎皮質癌では発見が遅れ、より高いステージで見つかることが少なくありません。

2、症状

副腎皮質から産生されるホルモン異常に伴う症状と、大きな腫瘍に伴う疼痛や腹部膨満感などの症状がありますが、近年では検診で偶発的に発見されるものも増えています。
ホルモン異常では性ステロイドホルモン過剰が比較的多く認められ、男性化、あるいは女性化をきたします。クッシング症候群や、原発性アルドステロン症を呈するものもあります。

3、診断

臨床診断の中心は画像検査です。CT、MRI、シンチグラフィ、FDG-PETなどを行いますが、最終的な診断は手術後の病理診断になります。

4、治療

治療の基本は手術による摘出です。病理検査で副腎皮質癌疑われる場合、ミトタンと言われる抗腫瘍薬の内服を検討します。また、腫瘍の進行によっては点滴による化学療法を行うこともあります。