聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

臨床

top

病棟薬剤業務

1151病棟1名の専任薬剤師を配置し、平成24年9月より病棟薬剤業務実施加算1、平成28年5月より病棟薬剤業務実施加算2を算定しています。

有効性評価

国内外のガイドラインや添付文書、文献を元に、治療薬の有効性を評価します。評価が難しい症例は、定期的に開催する病棟カンファレンスで議論しています。

安全性評価

当院では、患者の副作用・アレルギー情報の一元管理システムを導入しています。有害事象を発見したときには、医師、DI 室専従薬剤師と協議し、被偽薬の中止や他剤への変更を提案します。また必要に応じて、医薬品医療機器総合機構へ副作用報告をしています。

副作用・アレルギー一元管理

費用対効果

有効かつ安全で、費用対効果の高い治療の実現のために、フォーミュラリーを導入しています。

フォーミュラリー

薬物血中濃度モニタリング

TDM(Therapeutic Drug Monitoring)

病棟専任薬剤師が、患者の全身状態を評価し、体内動態を予測します。最適な投与量、投与間隔を算出し、医師へ提案しています。

TDM 演習

1年目からTDM演習を行います。特にバンコマイシン(VCM)注については、日当直帯でも適切な投与量と投与間隔の提案が出来るよう、初期投与設計の簡易版を作成し、活用しています。