聖マリアンナ医科大学

〒241-0811 横浜市旭区矢指町1197-1

電話045-366-1111(代表)

  • 標準
  • 大

基本方針・組織図

top

ごあいさつ

薬剤師は、有効かつ安全で費用対効果の高い薬物治療を通し、患者の命と健康を守ります。そのために私たちは、医師、看護師、その他のメディカルスタッフと協力しながら、チーム医療と医療安全に取り組んでいます。
当院では、ICU、HCU、NICUをはじめ全病棟に薬剤師を配置し、病棟薬剤業務実施加算1・2を算定しています。
関連4病院合同新人研修や、主要疾患についてのSOAP演習、症例検討、臨床カンファレンスなど、臨床で活躍できる薬剤師の育成に力を入れています。

薬剤部長 横山美恵子

基本方針

聖マリアンナ医科大学及び関連施設の薬剤師は、すべての行動を薬剤部理念に基づくものとし、理念の具体化に向け一丸となり邁進します。

薬剤部理念

患者のQOLを改善するという明確な成果を引き出す目的のために、責任ある薬物治療を提供します(ファーマシューティカルケア)。

ビジョン 私たちの目指す姿

世界標準のファーマシューティカルケアを実践します。

ミッション 私たちの使命

1.根拠に基づいた、適正で合理的な薬物治療を提供します。
2.副作用の収集・解析・究明につとめ、医療の発展に寄与し、より安全な医療を提供します。
3.患者の医療費負担の軽減と国民皆保険制度の後世にわたる継続を目指して、
  ジェネリック医薬品の使用を促進し、フォーミュラリーの作成を推進します。

組織図

薬剤師26名、薬剤助手5名が次の組織図に従い業務を分担しています。